アジングロッド購入

前の記事で、アジングロッドに求める機能について書きましたが、ついにロッドを購入しました♪

アジングロッドの選び方→ アジングロッドは釣りスタイルでこう選ぶ!

選んだロッドは、

Yamaga-Blanks(ヤマガブランクス) BlueCurrent 74 Ⅱ

です♪

 

 

Yamaga-Blanks
yb2016-16-17

ロッド長 7フィート4インチ
自重 74g
ルアー ジグヘッド 0.3~5g / シンカー 1.8~8g
 (ジグヘッド・各種キャロシステム・プラグ)
ライン PE 0.2~0.5 NY/FC 1~4lb
ターゲット アジ、メバル

メーカー説明
豆アジのバイトさえ確実にフッキングに持ち込める柔軟なティップを持ちながら、操作感はあくまでシャープさを追求しました。高いキャスト精度とリリースポイントの広さは、使い手を選びません。フッキングレスポンスも高く、アジングだけでなくメバルゲームにもフィットする汎用度の高いロッドに仕上がりました。

引用:http://yamaga-blanks.com/product/lightgame/blucurrent/

 

ちなみに乗せ調子や掛け調子とは説明されていませんが、ヤマガブランクスのロッドは全てチューブラーティップになります。

初心者は乗せ調子のソリッドティップがいいと思っていたのですが、現在のロッドはソリッドもチューブラーもほとんど違いがないとのとで、評判が高いヤマガブランクスに決めました。

 

ロッドの長さは、アジングとメバリング両方を楽しめる長さです。

アジングロッドの長さは様々ありますが、

アジにターゲットを絞って掛け調子を楽しみたいなら、5フィート台から6フィート前半のロッドで、アジ以外にもメバルもターゲットに含めた釣りを楽しみたいなら、6フィート後半から7フィート台のロッド

こんな基準になるのではないでしょうか。

 

アジング初心者としては、ちょっと背伸びをしたロッドを買いました。

BlueCurrent74ii
Yamaga-Blanks BlueCurrent74Ⅱをチェック

 

 

開封の儀

IMG_5884

 

IMG_5885

 

IMG_5886

 

IMG_5887

 

IMG_5888

 

IMG_5901

 

ヤマガブランクスのロッドは、製造工程の全てを日本で行っている完全な「Made in Japan」です♪

同じ価格帯で販売されている他社のロッドと比較しても、性能が良いと評判です。

いつアジを釣ることができるか楽しみですね~♪

 

BlueCurrent74ii
Yamaga-Blanks BlueCurrent74Ⅱをチェック